忍者ブログ
GOOD BYE MY SCHOOL DAYS...
[253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今まで、部屋の整頓をしていました。


覚えのない袋を発見。
中を見たら、卒業式のときの写真だった。

あの頃好きだった人と彼の友達と私の友達と、私。
親にとってもらっていたから2ショットは恥ずかしくてとれなかったなぁ(苦笑)

そこから始まっていろいろな思い出がフラッシュバックしてきた。
でも、それはここでは書けないや…。
あの頃の私が大切にしていた想い出たちだから。


あの頃の私は彼が大好きだった。



否、好きだと思い込んでいた。


私は逃げていた。
自分を取り巻く現状から…

受験
嫌いな先生
根暗な自分

塾講師
同じ塾の人たち

完璧に劣等感に浸っていた。

何かへと逃げたかった
だから、恋をした
偽りの恋を―――




偽りの恋だと思い始めたのは高校に入学してから。
卒業してから薄々感じてはいたけれども。

怖かった
自分の気持ちが消えかけていることに
薄らいできていることに気付くのが・・・
きっと私がいろいろな人に彼のことが好きだと言ったのは、周りも認識していることで想いを確固させようとしたかっただけなんだろう。

高校でも私は偽り続けた。
私は彼が好きなんだ、と。

私とそんなに親しくない子は今でも、信じているだろう。
・・・実はA先生が好きだとは知らずに。



でも、無理だった。
「憧れ」だった。
「恋」じゃなかった。

遅咲きの桜が散る頃に私の想いも散っていった感じがした。

辛かった
苦しかった
切なかった

恋じゃないと認識したとたんにあっけなく自分の気持ちが崩れていくことに酷く落胆した。
何で私は「恋」と勘違いしたんだろう?
優しくて勉強が出来て面白くてちょっとオヤジくさくてでも笑顔はあどけないもので・・・



彼に会いたい
会って一言 「ごめんね」 と言いたい。

私の懺悔を聴いて欲しいとまでは言わないから・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ぶろぐぺっと
最新CM
[04/03 BlogPetのみるく]
[04/01 Boo]
[03/28 C子]
[03/26 BlogPetのみるく]
[03/23 C子]
最新記事
(03/31)
(03/31)
(03/30)
(03/30)
(03/29)
プロフィール
HN:
雫月
性別:
女性
自己紹介:
雫月(ナツキ)といいます。
日常的なことをベースに自分の考えを書き散らしています。
大抵鬱々してますが、温かい目で見守ってやってください。笑
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © のんぶる All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]